災害派遣

平成29年7月 九州豪雨災害

九州で発生した豪雨災害に、当社は5名の人員を派遣しました。
散水車を使用し、災害後の道路を利用できるように泥の除去を行ないましたが、幹線道路においても厚い泥に覆われており、苦労しました。
また、当時はまだ復旧の初期段階で、自衛隊の捜索活動や土砂崩れによる断絶された道路の復旧と並行して当社の災害派遣が行われました。

平成28年4月 熊本地震

最大震度7を観測する地震が熊本県から大分県にかけて発生しました。
この地震は広い範囲で震度5を観測し、九州地方に重大な被害をもたらしました。
当社においては社会福祉協議会と共に現地入りし、現地で復旧作業をお手伝いさせていただきました。

平成26年8月 京都市福知山周辺 豪雨災害

平成26年8月には本州・四国の広範囲で豪雨による災害が相次ぎました。災害においては、多くの企業・個人がボランティア・協定により集結し、当社においても災害後すぐに被災地に入り、道路復旧を行いました。
泥が厚く、ブラシでこすっただけでは取れない為、ブラシ後に散水車で泥を流すなど工夫しながら復旧作業を勤めました。

平成25年7月 島根県と山口県の豪雨災害

この豪雨では、山口県と島根県に建物倒壊、床上浸水など非常に大きな被害をもたらしました。
当社では災害後に現地で土砂の撤去を行うボランティアに従事しました。

平成23年9月 紀伊半島大水害

台風12号による豪雨は、和歌山県を中心に土砂災害・河川の氾濫などにより甚大な被害をもたらしました。
民家の泥だし・家財道具の搬出を中心に活動しました。
当社が現地に入った時には交通網の復旧がされておらず、ボランティアも不足している状態ではありましたが、
少しでもお役にたてるように尽力しました。

平成23年3月 東日本大震災

この未曾有の大災害に当社は4回延べ10名の人員を派遣しました。
当社が現地に到着した段階では、まだ震災の傷跡が深く、無力さを感じながらのボランティア活動になりました。

平成21年8月 佐用町豪雨災害

台風9号による水害に襲われた佐用町に復旧ボランティアとして参加いたしました。
100年に1度の想定を大きく超える雨量で、現地では床上浸水の被害を受けた建物も多くありました。
当社では家財道具の搬出や床下の泥だし、庭のゴミ・泥の運び出しをお手伝いしました。

平成16年10月 洲本市台風23号災害

秋雨前線を巻き込んだ大型台風の影響で、日本各地に大きな被害がもたらされました。
兵庫県においても、数多くの河川が決壊、氾濫し、大きな被害が発生しました。
災害後、当社は洲本市で災害支援に参加しております。
一夜にしてゴミとなったものを集め、指定場所までの運搬を行ないました。